アドバンスクラス in ダートモア(イギリス)

海外聖地でのソマティック・アドバンスクラス 第2弾!

イギリス南西部の自然豊かな村ダートモア

IMG_4382

2020年5月、イギリス南西部の自然豊かな村『ダートモア』で、ソマティック・エナジェティクスのアドバンスクラスを開催します。

イギリスならではの穏やかな丘陵地が続くダートモア。その美しい景色にも癒されます。

IMG_3715

ダートモアは花崗岩におおわれた場所。
その花崗岩は考古学者によると約3億900万年前の石炭紀に出来たもの。
地球創世期の大地が隆起しているので、超古代の地球のエネルギーをダイレクトに感じることができる場所です。

インタビューの動画のなかでマイケルが話しているように、聖地でのソマティック・エナジェティクスはセッションの効果が通常の場所で行うよりも高く、通常2時間かかるセッションが15分で終了できたり、参加者が深い変性意識に入ったりしやすくなります。

身体がクリアになっていけばいくほど大地のエネルギーに敏感に反応しやすくなるので、聖地でのセッションは、参加者が高周波波動域に入りやすく、エネルギーレベルも増大するので、体験がいつも以上に深まりやすくなります。

聖地でのアドバンスクラス

アドバンスはトーン7以上の高周波を扱っていきます。
トーン7以上の高周波の海に浸かったような4日間+地球創世期のエネルギーの共鳴共振、そして世界屈指のエネルギーライン、マイケルラインを辿るバス旅行。認定プラクティショナーにとってはさらなるバージョンアップと変容の1週間になりそうです。

訪れる予定の聖地

この画像はこちらのサイトからお借りしています:http://www.absolute-london.co.uk/travel/leyline/17058#prettyPhoto/0/

この画像はこちらのサイトからお借りしています:http://www.absolute-london.co.uk/travel/leyline/17058#prettyPhoto/0/

セントマイケルマウント

「レイライン」とは、古代遺跡やパワースポットを繋いで描かれる直線のことで、神秘的な力が通っていると言われています。
世界中に数あるパワースポット群「レイライン」の中でも最も有名なのが、イギリスの「セント・マイケルズ・レイライン」。

「セント・マイケルズ・レイライン」はその名の通り「セント・マイケル=聖ミカエル」にまつわる遺跡や教会が多く存在するラインですが、そのスタートとなるのがこの「セント・マイケルズ・マウント」。
「モン・サン=ミシェル」とよく似た姿ですが、実際にケルト民族の信仰に根ざした由緒正しき聖地です。

引用元:https://rtrp.jp/articles/3449/

5b6837a1

ローチロック

アーサー王伝説に登場する、トリスタンとイゾルデの悲恋物語にちなんだ旧跡。
荒々しい岩肌を晒した巨大な花崗岩が、1409年に大天使ミカエルのために建てられた礼拝堂跡に寄生するかのように寄り添い、神秘的なフォルムを描き出している。

引用元:http://www.news-digest.co.uk/news/features/4655-spiritualism-guide-uk.html

お知らせ

トレーニングクラス3回受講者のアドバンス参加は今回が最後となります

2021年以降に開催するアドバンスクラスは、認定プラクティショナー対象のクラスとなります。
トレーニングクラスを3回受けられた後、認定プラクティショナーになられていない方のご参加は、このダートモアでのアドバンスクラスが最後となります。

基本情報

各種費用

参加費:258,000円
早割 :248,000円(2019年12月27日までのお振込)

【含まれるもの】

  • 5月11日(月)夕食~17日(日)の宿泊とBrimpts Farmでの全食事(5/16以外)
    毎日の朝食はパンやシリアルなどを各自自分で用意して食べます。
  • 待ち合わせのニュートンアボット駅からアドバンス会場までの往復送迎
  • 5月14日(木) ダートモア公園の観光1回(古代遺跡に行く予定)
  • 5月16日(土)のセントマイケルマウント、ローチロックを巡る観光バス代
  • アドバンスの講師料、通訳料

【含まれないもの】

  • ヒースロー空港までの交通費、往復航空券、海外保険料(海外旅行保険は必ず加入してきて下さい)
  • ヒースロー空港からニュートンアボット駅までの往復の交通費
  • 5月11日(月)のランチ、16日(土)のランチ、夕食
  • 自由時間やショッピングタイムでのご飲食代、個人のお土産代など
  • ご自身で購入される飲食代
  • 予定外のタクシー代など
日時・日程 2020年5月11日(月)~17日(日)までの6泊7日
Newton Abbot駅(パティントン駅から特急で3時間半)での集合、解散
集合・解散

『Newton Abbot(ニュートンアボット)駅』

駅で皆さんをお迎え、また帰りのお送りを致します。

【電車】

ヒースロー空港からパディントン駅まではヒースローエキスプレス(約15分)
パディントン駅から特急でニュートンアボット駅下車(約3時間)

【バス】

ヒースロー空港もしくはロンドン・ビクトリアコーチステーションからプリマスもしくは、ペンザンス行きのバスに乗り、Newton Abbot(ニュートンアボット)駅下車(約5時間)

宿泊・食事 アドバンス会場&宿泊はパーマカルチャー(持続可能性のある暮らし)を推奨している『Brimpts Farm』

公式サイト:https://www.brimptsfarm.co.uk/

宿泊会場はホテルではなく、エコロジーな環境に配慮した施設になっています。
お風呂、トイレ、宿泊設備などはホテル仕様ではないことをあらかじめご理解下さい。

食事について

ダートモアは肉牛が名物ということで、食事には肉が出ます。
※ベジタリアン希望の方は事前にお知らせ下さい

定員 16名(最低催行人数:10名)

Brimpts Farmについて

私たちのファームはダートムア国立公園の景観に欠かせない存在であり、今後も長く維持したいと考えています。
私たちは、次世代のために天然資源の開発と保存を努めています。

私たちの活動を支えているのは、牛の大規模な酪農です。
またファーム周辺の豊かな動植物の多様性を楽しむために、訪問者を歓迎しています。

2009年、バイオマスボイラーを設置し、二酸化炭素排出量削減に努めています。
再生可能なエネルギーに対する国民の認識を高めると共に、森林資源の可能性がみえてきました。

当社の二酸化炭素排出量は年間70トンも削減されており、居住者はその暖房の恩恵を受けています。
同じ考えを持つダートムア住民グループと協力してダートムア木材燃料協同組合を立ち上げました。

お願い・注意

  • ダートムアなどイギリスの田舎は羊や馬の糞がたくさん落ちています。
    履き古したスニーカーや運動靴などは必ずご持参下さい。サンダルなど底の薄い履き物はお勧めできません。
  • 雨が多い地域なので、レインコート、靴などの雨具は必須です。
  • 現地で使用するシャンプー、歯磨き類は、できるだけ化学物質を含まない生分解しやすい環境に配慮したものをご持参下さい。自然食店などで入手可能です。
  • 5月11日(月)の飛行機の便名、到着時刻はあらかじめお知らせ下さい。
  • Newton Abbot(ニュートンアボット駅)から直接会場に来られる方は事前にお知らせ下さい。

全体スケジュール

Drマイケルはその都度参加者のエネルギーや状況をみながら最善のプログラムを行います。どうぞオープンハートで御参加ください

5月11日(月) 【イギリス現地時間】

  • 13時40分頃 Newton Abbot駅で集合、待ち合わせ
  • 10時30分頃、パティントン駅からの特急に乗ると13:31に到着予定
  • ランチ後、ヘイトア岩(古代の聖地)などを廻って会場に移動
  • チェックイン後、夕食

※飛行機の到着時刻によって上記の時間に間に合わない方は各自でNewton Abbot駅からタクシーで会場へお越し下さい。
タクシー代目安:約50〜60ポンド前後

5月12日(火) アドバンス1日目 グループセッション含む
5月13日(水) アドバンス2日目 グループセッション含む
5月14日(木) アドバンス3日目 グループセッション含む

午前もしくは午後:ダートモアの遺跡巡り。

5月15日(金) アドバンス4日目 グループセッション含む

夜:ダートムアを代表するミュージシャン『ナイジェル』とスピリチャルリーダー『キャロライン』の御自宅ラウンドハウスにて、火の儀式とミュージックの夕べ

https://www.seventhwavemusic.co.uk/

5月16日(土) 観光バスにて、セントマイケルマウント、ローチロックなど、マイケルラインにある遺跡へ。

https://www.travelbook.co.jp/topic/2115
https://www.fujisantravel.com/girls/power-spot.html

5月17日(土) 朝9時頃、Newton Abbot駅にお送り、解散
特急乗換えで各自ヒースロー空港に13:00頃到着予定

飛行機の手配について

5月の連休直後にあたるため飛行機はハイシーズンです。
お安いチケットをご希望の場合は、お近くの旅行代理店か、ネットで早めの確保をお勧めいたします。

 

行きのチケット

  • イギリスヒースロー空港に5月11日(月)午前7時までに到着する便。
  • もしくは前日の5月10日(日)に到着
    (前泊のホテルの予約も必要になります)

帰りのチケット

  • 5月17日(日)午後4時以降、ヒースロー空港を出発する便。
  • もしくは5月18日(月)以降の出発
    (延泊分のホテルや観光はご自身でのお手配になります)

格安航空券サイト例

トラベルコ:https://www.tour.ne.jp/w_air/

エアトリ:https://www.skygate.co.jp/

前泊、延泊ホテル手配サイト例

booking.com:https://www.booking.com

HIS:https://www.his-j.com/

特急電車チケットについて

Paddington(パディントン)駅〜 Newton Abbot(ニュートンアボット)駅までの特急電車のチケットは事前に予約すると安く購入できます。
(各自払い・後日精算)

事前購入希望の方の分はまとめて購入しますのでお知らせ下さい。
(3月10日までにお知らせいただいた分まで)

お申し込み

出発日の2ヶ月前よりキャンセルは受付できません。
詳細スケジュールなどオフィシャルサイトにてご確認の上、お申込をお願い申し上げます。

Style switcher RESET
Color scheme