八ヶ岳リトリート(2泊3日)

Dr.マイケルによる八ヶ岳リトリート(2泊3日)

昨年の感動をふたたび! 昨年にひきつづき、2泊3日の八ヶ岳リトリートを行います。

この夏、ソマティック・エナジェティクス漬けの3日間はいかがですか?
標高1100メートル以上の清浄な空気の中に建つコテージが会場です。

地上の喧噪とは無縁の静かな環境で受けるソマティックのセッション。
自分を縛っている「何か」を解き放つワーク、エネルギーたっぷりのジュース、温泉、そしてリトリート。

全国から集まるソマティックの仲間達・・・。
いつも頑張っている自分の魂に、癒しと解放の3日間をプレゼントしてあげて下さい。

慈愛の波動に満ちたDr.マイケルのそばにいるだけでも、十分、癒されていきますよ。

食事について

チェックイン以降と2日目は、絞りたてのジュース、フルーツのみの食事となります。
最終日、3日目の朝は、カラダにやさしいベジタリアン食をご提供。
ソマティックのエネルギーで身体と心を整え、感情を解放し、
そして、内側からもクレンジングすることで、心と身体と魂の浄化と解放を促していきます。

日時

  • 日 時:7月16日(日)15:00スタート~18日(火)12:00頃終了

開催場所

  • 会 場:山梨県北杜市のリゾートホテル(お申込の方に別途ご連絡)
  • 参加費:142,000円 (税込)/早割:138,000円(税込)
  • 定 員:16名(未成年の方の参加はご遠慮頂いております)

※現地集合、現地解散となります。会場までの交通費は自己負担となります。
※早割価格は6月9日(金)までのお振込み分に適用されます。
※それ以降のお振込は通常価格142,000円 (税込)となります。

※宿泊はコテージで他の参加者の方々とのシェアとなります。

セット割引き

①グループセッション ②トレーニングセミナー ③リトリート(代官山/八ヶ岳)
上記の内、2つ同時にお申込になられる方は参加費の合計金額から5,000円割引
3つ全てにお申込の方は8,000円割引となります

※お申込み時に、フォーム備考欄に『2つセット(もしくは3つセット)で申し込み』と明記下さい。

八ヶ岳リトリート体験談

『過去の恐怖や悲しみから解放されました。』

この感動をどうお伝え致しましょう。

日曜から今日まで、八ヶ岳でのDr.マイケルのソマティックのセッションでした。

ソマティックとは、Dr.マイケルが開発した神経系をストレスから解放するエネルギーセッションなのですが、

私たちは、たくさんの恐怖や固定観念に支配されて、本当の自分自身の声が聞こえなくなっているそうです。

私は、1年半程前、辛い心の縛りで眠れなかった頃に出会いました。

それからというもの、セッションの度にストレスから解放され、

いやストレスというより、過去に経験した恐怖や悲しみや怒りや思い込みから自分をがんじがらめにした何かから解放され、

愛の泉の中にいるような至福を味わっています。

今回は、素晴らしい八ヶ岳という場所、テンプルビューティフルの皆さんのサポートでジュース断食をしながらのセッション。

いつまでもいつまでも漂っていたい愛の泉から、日常へ帰る道、天使が大きく羽を広げたような雲に見送られたのでした。

全ての存在に感謝です。

【 M様(女性)】

『圧倒的な愛、温かさに涙が止まらなくなりました。』

マイケルさんやスタッフの方々がとても温かく愛にあふれた方で、

リトリート自体がとても温かい雰囲気にあったのでとても過ごしやすかったです。

大自然の中のコテージが会場というのも良かったですし、そのなかでのジュースによる断食もさらに良かったです。

今回の参加者は13人くらいでしたか、マイケルさんはマッサージベッドに寝ている私たちを巡回しながら、

何度もその人に応じたように軽く背骨などを軽くタッチしていってくれます。

それを続けていると、本当に軽くタッチするだけなのに、初日は何故か悲しみの感情がでてきてずっと涙を流していました。

なにかを思い出したり、何かを話したりしなくても、

体がマイケルさんのタッチで整えられ、そういうものを出そうとしていく・・。不思議です。

2日目は、またもや同じような軽いタッチをしてもらっていくのですが、手を動かしたり足をぶらぶらさせたり色々と動く中、

この日は思考や感情などを超えた奥底になにか、静かな湖面のようなゆるぎないなにかを感じました。

それは、小さい時から、どんな時も、どんなにしんどい時も、死にたい思っていた時でさえ、ともにいてくれ見守ってくれていた・・・

そのように感じたとき、あまりに圧倒的な愛というか温かさに涙が止まらなくなりました。

そして、その湖面自体が私本体であったという感覚も少しですが感じました。

3日目、この日はとなりの方が声をだしておられたので、私も大声を出したくなり、おなかの底からうなるような低音の声を出し続けました。

グループの良さは『みんなで分かち合い、影響しあう相乗効果』だと言われていましたが、3日目は特にそれを感じました。

リトリートでは本当にハートが開き温かくなった感じがありました。

そして、これを書いている今、リトリートから約3週間ほどたったのですが、あれから、たくさんの気づきが起こってきています。

いままで気づかなかった大きなことも。

たとえば『ぼくなんかいなくていいんや』という、究極の無価値観。

そして、好きなことをやったり自分らしくしたら、すごまれるという恐怖感。

それが、小さい時からあり、それを何とかするために、また、それに触れないために、

本当の自分の気持ちを押し殺してきたことに気づきました。

人にあわせて、だれかの機嫌を損わないことだけに力を注いだり、

だめな自分は好きなことをやる資格もないし、自分の好きなことをしたらいけないとずっと信じ、

そのように何十年もいままで生きてきたのだと気づきました。

これからどうなるのかわかりませんが、気づいたうえでの人生、なにかが変わったような気がしています。

何も、話していないのに、やさしいタッチだけでいろいろなことが、調整され、本来の姿に戻っていく・・・。

すばらしいセッションであり、それを連続で受けられるリトリートはすごいものだったと感じています。

【U様(男性)】

Style switcher RESET
Color scheme