Kid’s セッションとは

0〜中学生までは『Kid’sセッション』になります。
親子はまるで「合わせ鏡」のように影響しあうものです。
子どもの不調は両親に影響し、両親の不調は子どもたちに影響します。

ドイツを拠点に20年間施術をしてきた経験から
Dr.マイケルは、先進国の子ども達の中には『出産時に環椎や骨盤がズレてしまっている子』が珍しくないことに気が付きました。

原因はわからないけれども、子どもなのになぜか疲れやすい。落ち着きがない。
集中力がない。発達がゆっくりである。
排便がうまくいかない。コミュニケーションがうまくない。
睡眠障害がある。感情的に不安定である・・・など。

そのような子どもの『頸椎や骨盤のズレを調整する』ことで、それまであった問題行動が少なくなることがあります。

日本でも、子供さんへのソマティック・エナジェティクスのセッションはすでに300例を超えており、これまで様々に嬉しい報告が届いています。

1回~数回のセッション後の変化

  1. 普段から多動で、突然走り出すため1人で道を歩かせることができず、特別支援学校を勧められていた男の子。1回目のセッション後、行動が落ち着くようになり、セッションを重ねるたびにコミュニケーションがよりスムーズにできるようになった。
  2. 自閉症の男の子。セッション後、語彙が増え、単語ではなく、繋がった文章で会話ができるようになった。
  3. 識字困難な子供さん。『見え方』に問題があったため、自分が書きたいものが書けないという問題があった。セッション後、字が上手に書けるようになり、読み書きが改善した。
  4. 低身長の子供さん。セッション後、身長が伸び始めた。
  5. 授業中、椅子にじっと座ることができず問題児とされていた小学1年の男の子。ソマティックのセッションに来てもらったときに、背骨に問題があることが分かり、1回目のセッション後で普通に椅子に座れるようになった。その後この子供さんは、成績優秀となり私立学校に転校するほどになった。
  6. ひどい生理痛で生理になるたび鎮痛剤を飲んでいた小学6年の女の子。仙骨部と骨盤の開閉に問題があることがわかり、セッション後、生理中に薬を飲まなくてもよくなった。
  7. 自閉症の男の子。音に敏感すぎるために難聴と診断されていたが、セッション後、必要な音が聞き取れるようになった。

エドガー・ケイシーのリーディングの中にも、10代に発症した統合失調症の原因』のいくつかを《出産時における背骨や頸椎へのダメージ》だと述べたものがいくつもあります。

朝から晩まで始終動いていた昔とは違い、現代における母体は1日中椅子に座りっぱなしで筋肉や骨格が十分に鍛えられていません。
そこから生まれることになる出産では《陣痛促進剤の使用・帝王切開・鉗子でひっぱり出す》というケースも多くなりました。
長年にわたって親が食べてきた化学合成の調味料や保存剤、呼吸から入ってくる環境汚染物質、日用品やシャンプー、化粧品。
それらに使われている《化学物質の蓄積》も赤ちゃんには大きなダメージとなっています。

落ち着きがない、集中できない、言葉が遅い・・・
お子さんが《自閉症》や《注意欠陥障害》と診断された場合、もしかしたらソマティック・エナジェティクスのセッションがお役に立つかもしれません。
ソマティックのセッションがどのようなものか、ぜひ一度ご体験下さい。

Kid’sセッションのお申し込み方法

Kid’sセッションの申し込みには2つの選択肢があります

  • 中学生以下の子供さん専用『Kid’sのセッション枠』に申し込み施術を受ける。
  • 大人セッション枠内で大人と一緒に施術を受ける。

※なるべく『Kid’sのセッション枠』でお申込みください

Kid’sセッション施術費用

Dr.マイケルの施術を受ける

  • Dr.マイケルによるKid’sセッションに参加(7,000円/最長50分)
  • Dr.マイケルによる大人のグループセッションに子供が参加(9,000円/最長50分)

認定日本人プラクティショナーから受ける

  • 1月12日(金)大人のグループセッションに子供が参加(7,000円/最長50分)
  • 1月17日(水)Kid’sセッションに参加(4,500円/最長50分)

※子供さんは身体の反応が早いので、 50分の施術が必要ないことがあります
※子供さんの必要に応じて施術時間は変わります

お申込みに関して

参加に際しては、必ず保護者同伴でお越し下さい。また、できるだけKid’sセッション枠にお申込下さい。
赤ちゃん、乳幼児の方は、反応が早いのでセッション自体は10分ほどで終了することがあります。

TYA-TYAさんのお話し会

問題を抱えた子供さんにソマティックのセッションが勧められる理由

Dr.マイケルの来日にあわせ、ソマティック・エナジェティクス(SE)の認定プラクティショナー
『Tya-Tyaさん』のお話し会を開催します。

Tya-Tyaさんは、2012年にDr.マイケルとハワイのマウイで出逢い、
昨年冬までは主催者として、Dr.マイケルを日本に招へいするという大役も務めていました。

『SEのエネルギー』が子供さんの健やかな成長にどのようにお役にたっているのか、
特に《多動・学習障害・自閉症》などの問題を抱えた子供さんの《施術前後の変化》についてお話しいただきます。

当日は短い時間ではありますが、ご参加の方のご質問に出来る限りお答えします。
お話し会の前後に『日本人プラクティショナーによるKid’sセッション』も行います。
通常よりお安くお受けいただけますので、ぜひ子供さんと一緒にご来場下さい。

お話し会参加費

開催日時:2018年1月17日(水)13:00~14:30

1月17日(水)のKid’sセッションに子供が参加する場合
大人:1,500円
子供:Kid’sセッションに参加する子供さんは無料/セッションに参加しない同伴の子供さんは500円

1月17日(水)のKid’sセッションに子供が参加しない場合
大人:2,000円
子供:同伴の中学生以下の子供さん1人は無料/2人目から1,000円

日本人プラクティショナー TYATYA チャチャ ソマティック・エナジェティクス

SE認定プラクティショナー Tya-Tyaさん

自身の体調不良を機に気功による癒しに出会い、2006年より学び始める。
2011年の東日本大震災をきっかけに、エナジー・ワーカーとしての自分を分かち合い、心身の調和をサポートすることを決意。
その後、導かれるかのように訪れた四国・剣山で神秘体験をし、「祈りの旅」を経て本格的な波動の世界の探求に入る。

2013年より、ソマティック・エナジェティクス(身体のエネルギー学)の創始者であるDr.マイケル・マクブライド氏に、2015年よりサトル(微細)エネルギーとエネルギー心理学の専門家であるサンドラ・スウィートマン女史に師事。

「ソマティック・エナジェティクス」(ナチュラルスピリット)監修。
回路を開いて新しい文明の構築に参加するためには、エネルギーフィールドへの取り組みやメンテナンスが必要であり、それらは時代の要請であると受け止めている。

また、慈愛の波動とともに働き、各人の神経系とエネルギーフィールドが美しく蘇えることで、思考を超える叡智が各人の人生において働き出すことに喜びを感じ、解放・浄化・再接続・再誕生をうながすエネルギーワークを提供している。

公式サイト:http://tya-tya.com/

Style switcher RESET
Color scheme